自動車好きの小遣い稼ぎと株式投資

アフィリエイトと株式投資で、新車を買いたい。そんな夢を追い続けるサラリーマンの物語り。
 
   

新型ノートの”e-POWER”とは?

日本初のシリーズ式ハイブリッドである
新型ノートのe-POWERrをチェックしてみた。

日産NOTE

e-POWER」のエンブレムがシリーズ式ハイブリッドの証だな。

シリーズ式ハイブリッドとは? ⇒ ハイブリッドを考える

さて、レシプロ・エンジンとどこが違うのか?
まず、インパネ。

noteのインパネ

ハッキリしているのは、”タコメーターが消えた”ってことだ。
エンジンで走るわけではないので当然だな。
モーターにギアチェンジは不要なので、
回転数=速度だからモーターの回転数表示も不要。

しかしながら、発電にガソリンエンジンを使うので、フューエル・メーターはある。
この辺がEV(電気自動車)のリーフとは違うところ。

↓ こちらはボンネットの中だ。

シリーズ式ハイブリッド

想像以上に”ギッシリ”の印象。
ギアが無い分コンパクトになるのかと思いきや、エンジンの小型化が難しく
それなりにギリギリに収まる感じになってるようだ。

↓ こちらはモーター部分の拡大写真。
  
モーター

このモーターはリーフと同じものらしい。

さて、シリーズ式のハイブリッドは”ハイブリッド”と名前は付いているが、
実際は電気自動車(EV)と同じようなものだ。

そこで気になるのが、リーフとノートの
”走りの違い”だな。

その辺を担当に伺ってみると・・・。

まず、モーターが同じなので、トルクなど、パワーは全く同じ。
EV独特の低速トルクが楽しめる。

次にノートのエンジンがどの程度、走行に貢献しているのか?が気になるな。
ほとんどエンジンが動かず、発電しないでも大丈夫なら、
リーフより断然優れていることになる。

この点は、バッテリー容量に差があって、
ノートは、リーフの1/20なんだそうだ。

なので、バッテリーだけで走れる距離は、(理論的には)1/20だが、
実際に運転すると、”エンジンは結構動いている”という感じらしい。

では、エンジンが動いて発電を開始するタイミングが気になる。
プリウスのように、動き出したらすぐにエンジンがかかるのだろうか?

担当によると、エンジンのかかるタイミングは、
車の走行状態には関係なく、あくまでも

バッテリーの残存量がなくなったらエンジンがかかる

ということだった。

だから、車が走っていようがいまいが、
電気が足らなければエンジンがかかって発電するってことだね。

次に、自動車としての”走り”はリーフと比べてどうか?だけど・・。

パワーはリーフと同じなんだが、
意外なのは実際に運転すると両車に違いがあるらしい。
その原因は”重心”なんだな。

リーフは、ノートの20倍の容量を持つバッテリーを持っている。
”最も重いバッテリー”が床下にあるため低重心であり、
前後バランスも優れている。

ノートの場合、最も重いのはエンジン+モーターの部分であり、
これがフロントのボンネット下に収まっているので、
重心が高く、かつフロント・ヘビーなんだな。

これが走行性能に大きく作用しているらしい。
この辺りの運転感覚は、ぜひ試乗して確認して欲しい。

と、いろいろ書いたが、結局のところリーフとノートの違いは、
電気の残りがなくなってきた場合、

リーフは電源プラグを挿す。

ノートは、ガソリンを入れる。

この違いが一番大きいよね。o(⌒0⌒)o

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
↑ なんとか新車を購入するべくがんばっています。応援お願いします。

[ 2016/11/03 18:02 ] カーライフ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MR.シュガー

Author:MR.シュガー
エンジョイ・マイライフへようこそ!

リンク集
価格.com自動車保険 比較・見積もり






ブログ内検索
月別アーカイブ